BLアワード2020(第11回BLアワード)が発表されました

 
2020年4月3日に発表された、商業BLの祭典『BLアワード2020(第11回BLアワード)』。
 
実はこっそりいくつかの部門に投票していたので、1ヶ月ぐらい前からずっと結果が気になってました。
 
 
 

BEST コミック部門

ワンルームエンジェル (onBLUEコミックス)
 
第1位は『ワンルームエンジェル』。
商業BL好きならその名を知らない者はいないであろう、はらだ先生の作品。
 
この作品、今年の6月にCDが発売されるようですが、キャストを見てびっくり。
まさかの杉田智和さんと、まさかまさかの蒼井翔太さん。
何年か前まではちょこちょこBL出られてましたが最近はめっきり……だった杉田さんと、BL作品でお名前を拝見したことがない蒼井さんという、予想外すぎる組み合わせ。
でもこの作品、BL特有のそういうシーンは無い?みたいですね? よくわからないけど謎の安堵。でも気になることに変わりはない。
 
ちなみに私は、同じくはらだ先生の作品である『ハッピークソライフ 1』に投票しておりました。
こちらは、2019年11月発売の漫画でありながら見事5位にランクイン。おめでとうございます。
感想書きたいなーと思ってましたが、発売からちょっと時間経っちゃってるので拭いきれない今さら感。
 

ハッピークソライフ 1 (バンブーコミックス Qpaコレクション)

新品価格
¥726から
(2020/4/4 15:06時点)


 
 
 

BEST シリーズ部門

囀る鳥は羽ばたかない(6) (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
 
第1位は、ヨネダコウ先生の『囀る鳥は羽ばたかない(6)』。
2020年2月には劇場アニメ化もされた人気シリーズですね。
 
他にも、2位の『ギヴン』や6位の『抱かれたい男1位に脅されています。』など、アニメ化した作品がちらほら。
11位の『レムナント-獣人オメガバース-』と、16位の『カーストヘヴン』は、商業BL初心者の私も読んだことあります。
 
 
 

BEST エロ部門

愛しのXLサイズ【電子限定描き下ろし漫画付き】 (gateauコミックス)
 
第1位は、重い実先生の『愛しのXLサイズ』。
2019年9月にヨシキ×壮馬くんでCD化された作品。
 
商業BL初心者なので読んだことある作品が毎回少ないんですが、5位の『αがαを抱く方法』は強気受けに惹かれてチェック済みです。
 
 
 

BEST 次に来るBL部門

嫌いでいさせて (ビーボーイオメガバースコミックス)
 
第1位は、ひじき先生の『嫌いでいさせて』。
 
商業BLしょ(もういい)ですが、5位にランクインした『彼のいる生活』は、広告で見かける度にこっそり気になってました。絵がかわいい。
 
 
 

BEST 小説部門

悩ましい彼 美しい彼3 (キャラ文庫)
 
第1位は、凪良ゆう先生の『悩ましい彼 美しい彼 3』。
2019年6月に、おのゆー×壮馬くんでCD化もしているシリーズ。
 
ちなみに私の中では、商業BLの小説というと『好きなものは好きだからしょうがない!!』のイメージがあまりにも強い。いまだに。(もう20年も前だよ……)
 
 
 

BEST ディープ部門

ヤギとオオカミの発情事情 (Charles Comics)
 
第1位は、ときしば先生の『ヤギとオオカミの発情事情』。
ときしば先生の作品は『ドSおばけ』と『αがαを抱く方法』の2作品既読ですが、こちらも安定の黒髪強気受けですね。
 
 
 

BEST BLCD部門

ドラマCD 美しい彼
 
第1位は先ほども少し話題に出しました、凪良ゆう原作、小野友樹×斉藤壮馬による『美しい彼』。
今年はこれだろうな~と思ってました。何せあまりにも評判が良いので。
ちなみに私は20位にランクインした『サハラの黒鷲』に投票してました。おめでとうございます。
 
投票したのは『サハラの黒鷲』でしたが、8位にランクインした『ゴールデンスパークル』も好きだったので、トップ10入りしてて嬉しいです。
 
blumekox.hatenablog.jp
 
 
 

BEST BLCD声優部門

quantum stranger
 
第1位は、『美しい彼』『愛しのXLサイズ』などに出演した斉藤壮馬さん。
2019年は7つのBLCDに出演されました。(※脇役除く)
 
いやあの、今年は絶対上位だろうなとは思ったけど……まさか1位とは。
私ががっつり聴いたことある斉藤壮馬受けは『妓楼の軍人』『リンクス』『クラックスター』の3枚だけで、しかも一番新しいのが『クラックスター』……2017年なんですよ。3年前の斉藤壮馬なんですよ。
 

クラックスター

新品価格
¥2,806から
(2020/4/4 15:02時点)


 
でも今、彼すごいんでしょ?
経験値積んで、すごいことになってんでしょ???
『妓楼の軍人』の時からすでに繊細なお芝居が光ってたけど、たぶん、さらに磨きがかかってんでしょ?????
 
これはもう、最近発売した斉藤壮馬受けのBLCDを買うしかない。できるだけすぐに最新の斉藤壮馬にアップデートするしかない。
2019年発売の作品だと『愛しのXLサイズ』『ララの結婚』『酔いどれ恋をせず』あたりが気になるので、お財布と相談しながら購入を検討してみようと思います。
 
そして2~10位はご覧の顔ぶれ。
 
興津和幸
古川慎
小野友樹
佐藤拓也
小林裕介
新垣樽助
前野智昭
江口拓也
羽多野渉
 
現在のBL界を支える猛者たちが、やはり上位を独占。
ちなみに4位のおのゆーさん、7位の樽さん、8位の前野さん、9位の江口さん、10位の羽多野さんは、全員“2019年に斉藤壮馬を抱いた男”である。
樽さん前野さん羽多野さん辺りは、最近はBL作品への出演がだいぶ減っている気がしますが、根強いファンの力を感じます。
 
そして11位が松岡禎丞。12位が天﨑滉平。あまさきこ……あま……さ……天﨑くん12位???!!!
いやーーこれはすごい。思わず二度見したよ。
ちなみに天﨑くんの2019年BLCD出演数は3本で、そのうちメインCPのキャラクターを務めたのは『ゴールデンスパークル』のみ。
でもそうか……やっぱり良かったよね天﨑くんの日葵……どえらいかわいかったもんね……。画がなくてもどういう心情なのかがわかる繊細なお芝居は、1位の斉藤壮馬に通ずるものがあると思います。
あと声がいいんだよなぁ……甘くて。そして吐息がエロい。
 
そんな感じで天﨑滉平語りが止まらない勢いですが、私が実際に投票したのは熊谷健太郎くんでした。
『サハラの黒鷲』でのお芝居がすごく好きで……あとキャストトークでガッと心掴まれた。
 
 
 

おわりに

 
すべてのランキングの結果は、ちるちる様の特設サイトで確認できます。
 
www.chil-chil.net
 
 
個人的には、納得の結果もあり嬉しい驚きもあり……なBLアワード2020でした。
地雷が多いクソ面倒腐女子なので、手当たり次第というわけにはいきませんが、ノミネート作品はやっぱり気になるので、今回ランクインした作品は機会があったら読んでみたい&聴いてみたいなーと思いました。
 
皆様も、ぜひ良いBLライフをお送りください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。