ほかログ2

BL漫画やBLCDの感想、BLについてのアレコレを語ります。

BL漫画『かわいいおバカくん』感想

 
かわいいおバカくん (ふゅーじょんぷろだくと)

今回は、文川じみ先生によるBL漫画『かわいいおバカくん』の感想(レビュー?)です。
 
以下、ネタバレを含みますので注意してください。
 
 
 

■ 内容紹介

 

ハイスペック社長×天然ギャル男。「なんでもするなら買ってあげる」
 
――ヤクザの高級車を凹ませてしまったギャル男・太一。修理代を払うため、ネットの掲示板で売○相手を募集するハメに。呼び出されたホテルで待っていたのはボサボサ頭のやぼったい男。しかし、そのダサ男から「服従するならお金を工面してあげよっか」と言われ、切羽詰まった太一は、お尻のバージンを失う覚悟を決めたが…?
 
他、ラブコメなど短編も収録。

Renta!より引用
 
 

■ 作り込まれた設定&おバカくんがとにかくかわいい

 
ネットサーフィン中に広告で見つけて気になったので購入。
 
まさにタイトルに偽りなし。受けの太一くんがひたすらおバカでかわいいお話でした。
定職に就いてない&ギャンブル好きというなかなかどうしようもない男の子ですが、愛嬌があって憎めないキャラクターなのでズルい。褐色肌に三白眼という見た目もかわいい。
 
一方で、攻めの冬島さんもなかなかのギャップ持ちで大変萌えました。
この世にギャップの無い人間なんて居ないと思いますが、最初のボサボサ頭&冴えない雰囲気からの実はデキる男だったパターンはダメです、分かってても萌えます。(しかも後々また別のギャップ萌えが待ち構えているという)
 
あと冬島さんのドS加減がちょうどいい。
あからさまなプレイをしている訳でもあからさまな言葉責めをしている訳でもないのに、そこはかとなく漂うサディスティックぶり。人によって「萌えるドS加減」が違うとは思うのですが、個人的にはこの冬島さんの感じぐらいがベストです。
 
そしてまた太一くんが絶妙にいじめたくなるキャラですね…。
特に2話目の、テーブルに頭押さえつけられてムリヤリお酒飲まされるシーンとかね。(ドMにはたまらん)
 
 
ホテルに始まり、冬島さんが趣味で経営するお店、冬島さんの自宅、病院、太一くんの実家・・・と、場所や状況がコロコロ変わって、最後まで飽きずに読むことができるのも魅力。
たくさん場面が切り替わるので、ずっと同じ場所で繰り広げられるお話に比べて物語に奥行きみたいなものが感じられました。
太一くんのお母さんや家政婦の和子さん、冬島さんの愛犬のジョンなど、メインの二人を取り巻くキャラクターが名脇役揃いなのもポイントですね。
 
そして、メインの二人の想いが通じ合ってから巻末のおまけにかけては、冬島さんがめっちゃ可愛いわ太一くんが淫らでかわいいだわでカーニバルです。(?)
コミカルな描写で笑えるシーンもあるし、もちろんキュンとするポイントもたくさんあるしで、購入してよかったと思える作品でした。
 
 
また、あらすじにもありますが、表題作のほかに読み切りが二本収録されています。
そのうちの一つ「ワンダーハーバー」は、主人公くんの失恋?を描いたどちらかと言うとバッドエンド寄りのお話で、新鮮な読後感が味わえました。読む人を選びそうな作品ではありますが、気になった方は是非こちらも読んでみてください。
 
 

かわいいおバカくん (ふゅーじょんぷろだくと)


 
 
 
こちらの関連記事もオススメです>
blumekox.hatenablog.jp
blumekox.hatenablog.jp
blumekox.hatenablog.jp