読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ2

BLCDやBL漫画についてアレコレと語るブログ。

BL漫画『ヤリチン☆ビッチ部(1)』感想

BLマンガ感想

 
ヤリチン☆ビッチ部  (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)

今回は、おげれつたなか先生によるBL漫画『ヤリチン☆ビッチ部』第1巻の感想(レビュー?)です。
 
※「第1巻の感想」としていますが、厳密にはpixivに掲載されている「第1巻収録の1~6話の感想」です。
 
 
 

■ あらすじ

 

山奥の全寮制男子校に転入した遠野。気さくに声を掛けてくれた矢口が唯一の友人となるが、球技が苦手なために矢口のいるサッカー部ではなく一番ラクそうな写真部に入る。だがそこは写真部とは名ばかり、キャラの濃い先輩たちがひしめく通称「ヤリチンビッチ部」だった!
一見お下品だけど、不器用でピュアな恋愛事情がめくるめく青春ストーリー!!

Renta!より引用
 
 
 

■ 強烈なタイトルとは裏腹に、繰り広げられるのはピュアな恋物語

 
おげれつたなか先生といえば、二次創作BL界隈でとても有名な作家さん。私もよくpixivで、某バスケ漫画青い子×黄色い子のBL漫画を読ませていただきました。
そんな先生のオリジナルBL漫画。ペンネームと同様にインパクトあり過ぎのタイトル。最初はちょっとビビりましたが、一話を読んだら「早く!早く続きを!」と止まらなくなりました。
 
まずあらすじの通り、意外にピュアなキャラクターが多い&恋愛模様もピュア
明美部長と付き合ってるけどいつも何か言いたげな糸目くんだったり、遠野に対して真っすぐに好意を向けてくる加島だったり。
 
中でもベスト・オブ・ピュアキャラクターなのがたむ先輩
ヤリチンビッチ部の部員らしく普段は色々なメンズとヤりまくりですが、やっちゃんこと矢口恭介にそれはそれは不器用な恋をします。心の中では「可愛い」「天使」と思っているのに、本人を前にすると「ブス」「ぶりっ子」と悪態をついてしまう・・・まるで好きな子に対して素直になれない男子小学生のようで、それ故に彼の恋路を応援せざるを得ません。
 
 
あとは、作品の紹介としてはありきたりかもですが、キャラクターがかなり個性的で魅力的です。
いつもサングラスでいつも何言ってるか分からない百合くんや、潔癖症でMで女装癖のある鹿谷くんなど様々いますが、個人的にイチオシなのがやっちゃん。ヤリ部の部員ではありませんが、物語のキーパーソン的役割を担っているキャラクターです。
主人公である遠野の前ではだいたい可愛くてだいたい天使なやっちゃんですが、物語が進むにつれてその過去や知られざる本性が明らかになっていきます。ギャップに弱い人は要注目のキャラじゃないかと!
 
 
 

■ 気になるカップリング事情

 
メインキャラクターの中で、6話までの時点でカップルと言えるのは明美部長×糸目くん、そして百合くんとジミーの二組。(一応。多分。)
加島×遠野は付き合ってるフリをしてるだけですし、たむ先輩&鹿谷くんはモブとのセッ●ス描写はありますが特定の誰かと付き合ってる訳ではありませんし。
 
個人的に発展すればいいな~と思うのが、以下の二つのCP。
 

➀加島×遠野

ピュアで可愛いので。
遠野がやたらと「男なんか好きにならない」って言ってるので、その決意を早く加島に打ち砕いてほしいです。そしてキスだけでもめっちゃ萌えたので、時間はかかりそうですが早くセッ●スしてほしいです。(情緒などない)
 

②たむ先輩×やっちゃん

やっちゃんに関しては、受けなのか攻めなのか、そもそも相手が誰なのか等、色々あるんですが、個人的にはこのCPで発展してほしいです。
本命相手には弱いたむ先輩を、やっちゃんがリード?挑発?する感じでのたむやち希望!
 
 

ヤリチン☆ビッチ部 (1) 限定版 (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)

 

ドラマCD ヤリチン☆ビッチ部

新品価格
¥3,211から
(2017/2/15 19:31時点)


 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
blumekox.hatenablog.jp
blumekox.hatenablog.jp