ほかログ2

BL漫画やBLCDの感想、BLについてのアレコレを語ります。

商業BLを好む腐女子と二次創作BLを好む腐女子の違いを考えてみた

 
同級生(完全生産限定版) [DVD]

私は、つい最近まで二次創作のBLを読んだり書いたりするタイプの腐女子で、商業BLはほとんど読んだことがありませんでした。
 
ですが、ふと「どうして今まで読みたいと思わなかったんだろう?」と疑問に思ったので、商業派と二次創作派の違いについて、完全なる独断と偏見ではありますが自分なりに考えてみました。
 
 
 

ストーリーとキャラクター、どちらをより重視するかが違う

 
例えば、双方が同じアニメを見た場合。
商業派は物語の内容重視二次創作派はキャラクター重視の人が多い気がします。
 
二次創作派の私にとっては、「攻めと受けがどういうキャラクター(何属性)なのか?」は、かなりの重要事項です。
攻めてほしいキャラクター像と受けてほしいキャラクター像が明確にあるので、ワンコ攻めは好きだけどワンコ受けは苦手……というように、リバが苦手だったり地雷が多かったりするのも特徴の一つかなと思います。
 
逆に商業派にとっては、攻めがどんなキャラで受けがどんなキャラなのかはそこまで大きな問題ではなく、「攻めと受けがどういう恋愛をするのか?」ということが最も重要であるように思います。
〇〇受けや〇〇攻めのような括りに捉われることなく、幅広いジャンルのBLに触れている腐女子さんが多いイメージです。
 
 
 

BLに何を求めているのかが違う

 
私個人の話で恐縮ですが……二次創作派の私は、BLにそこまでラブを求めていません。(BLに“ラブ”が無かったら、それはもうBLではない気がしますがw)
具体的にどういう事かというと、愛のないモブ姦が許せるかどうかが、商業派と二次創作派では違うのではないかと思うのです。
 
例えば私の場合は、誤解を恐れずに告白しますと、愛のないモブ姦も許容範囲内です。というかむしろ好きです。
何故かと言うと、「受けにこんな事をさせたい」「受けのこんな表情が見たい」というように、受けキャラ自身に求めるものが多いからです。
商業BLではモブ姦オンリーの作品をあまり見かけないので読んだことがないのですが、二次創作ではモブ姦の需要と供給が一定数ありますからね。(ちなみに私は、最後に攻めが助けに来ないバッドエンドも好きです)
 
一方で商業派は「愛や救いの無いモブ姦はちょっと……」という方が多いイメージ。
カラダの関係から始まるBLよりも、攻めと受けが精神的に繋がってから肉体的に結ばれる(さらに、エロ要素はあってもなくても可)BLが好きという腐女子さんが比較的多いような気がします。
 
 
 

最後に

 
これらの特徴がすべての腐女子に当てはまる訳ではありませんし、〇〇派はこういうもの!と安易に決めつけられるものでもないと思います。
 
今回は商業派と二次創作派を分けて考えてみましたが、どちらも同じぐらい好きな腐女子さんも当然いるでしょうし……まだまだ奥が深そうです。